思春期ニキビと大人ニキビ

「ニキビがなかなか治らない。」

誰もが、1度は悩んだことがあると思います。

実は、ニキビには種類があります。

種類によって原因が違うので、もちろんケアも違ってきます。

自分のニキビはどのタイプなのか?を知ることが大切なのです。

今回は、思春期ニキビと大人ニキビの違い、その対処方についてご紹介していきたいと思います。

1.思春期ニキビ

思春期ニキビとは10代頃にできるニキビです。

原因としては、過剰に皮脂が分泌されることで毛穴が詰まってしまうためです。

思春期ニキビの場合はTゾーンにニキビができやすいことが特徴的です。

対策としては、余分な皮脂を洗い流す必要があります。

そのため、こまめに洗顔をすることで肌を清潔に保つことが大切です。

また、洗顔の他にも、脂っこい物ではなくビタミンを多く含む食品を食べるといった

食生活の見直しも大切です。

2.大人ニキビ

大人ニキビとは20代以降にできるニキビです。

なんと、年齢によってニキビの種類が変わってくるのです。

原因としては、古い角質が毛穴に詰まってしまうためです。

アゴや口周り、Uゾーンといった乾燥しやすい部分にニキビができやすいことが特徴的です。

対策としては、乾燥が原因であるため、こまめに洗顔をするよりも

保湿ケアで潤いを与えることが大切です。

また、大人ニキビには生活習慣の見直していく必要があります。

睡眠不足やストレスが体のバランスを崩して、ニキビを作りやすくしてしまうため

生活習慣の見直しが大切となります。

思春期ニキビでは、皮脂の分泌をおさえ、肌を清潔に保つことが必要であり、

大人ニキビでは、乾燥をさけるため保湿ケアで潤いを与える必要があるといった

ニキビといっても思春期ニキビと大人ニキビではケアの仕方に違いがあるため

自分のニキビは、どちらのニキビあるのかということを理解しケアしていくことが大切です。