ワカメが好きでも髪は減る。

『うるおいハリのある艶々サラサラの髪の中年女性、後ろ姿だけなら20代でもいける。』いや本当にこんな人がいたりするものである。

実際正面から見たら言うほど若くなくても、太陽を浴びてきらきら輝くボリューミーな髪というのは明らかにその人の見た目年齢を若くするものだ。

http://www.thecvhunt.org/

アラフォーの私と十代の娘の髪質を比べれば歴然で、トリートメントはおろかドライヤーすらまともにかけない彼女の毛髪に対して私の髪のなんたる貧弱なことか。とくに、額の左右生え際あたりなんか痛みもなく抜けることがよくある。トリートメントを怠るとすぐに髪は乾燥してバサバサ、アラサー時代に初めて見つけた白髪も本数を着実に伸ばしかなり目立つようになってきた。大丈夫なのか、否大丈夫ではない。このままだと本当に女ではないものになってしまうような不安に駆られ、なんだかアイデンティティまでも保てそうにない。

私だって昔は娘と同じように健康そのものの元気な髪だったのだ。しかし髪も、肌やボディラインと同様時間に比例して年をとって劣化していく。だかそれに嘆いているだけでは何も起こらない、その間も時間は経つから。今が人生で一番若いことを知って、今できることするだけ。食生活と睡眠の改善、ストレスをためない。

自分でこの記事を書いて自分を励ましている私、最高の自家発電ひいては自己啓発なのである。