薄毛治療と育毛剤、どっちを選ぶべきか

薄毛に悩んでいる人で、本格的な育毛治療を行うか、育毛剤を利用するかで悩んでいる人は多いでしょう。実際のところ、高い効果が期待できるのは育毛治療の方ですが、副作用のリスクもあります。

ファーマフーズの育毛剤!ニューモを使用

育毛治療で処方されるのは、ミノキシジルもプロペシアも医薬品です。これに対し、育毛剤の多くは医薬部外品に指定されています。医薬品は特定の疾患の治療が目的です。これに対し、医薬部外品は特定の疾患の予防に重点が置かれています。治療を目的とした医薬品の方が効果は高く、医薬部外品はあくまでも補助的な役割しか見込めないのです。

ただし、ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹、プロペシアには勃起不全(ED)や精子減少などの副作用があると、それぞれ添付文書に記載されています。特にプロペシアの場合、服用を中止しても後遺症が出る可能性があり、世界的に問題となっています。薄毛治療専門のクリニックならば副作用を防ぐためのノウハウは十分に持っているでしょうが、それでも100%出ないというわけではありません。

もし薄毛の状態がある程度進行しているならば、副作用のリスクを覚悟で薄毛治療という選択肢もありです。あまり薄毛が進んでいないようなら、リスクを取らずに育毛剤の方がいいでしょう。