言葉を丁寧に覚えさせよう

意識しないとなかなか良くならないのが言葉使いです。特に大人になるとよく分かると思いますが、言葉の丁寧な人って、何だか雰囲気もよくて親しみがわかないですか。子供が言葉を覚えたての時に、絶対に意識して覚えさせたい言葉があります。それは、「ありがとう」と「ごめんなさい」の二つです。

セノッピーは効果なし?!森三中大島さん愛用サプリの口コミを暴露!

大人になると、この二つの言葉を必ず使います。しかし、最近ではこの二つの言葉を素直に言えない大人が増えてきているって統計もあります。

なぜなら、子供うちにあまり使ってこなかったら、どう使っていいかわからない、もしくは、使うのが恥ずかしいってパターンです。普段から使っている人にとっては何てことがない話ですが、実際にこの二つの言葉使えない大人がたくさんいるっているのが現状です。まさかとは思いますが、本当の話です。

もし、自分の子供が「ありがとう」と「ごめんなさい」って言えない子供に成長してしまったら…なんだか寂しくなりませんか。これから、言葉を覚えていく過程できちんと使いこなしていけば大丈夫です。そのためには、親御さんがしっかりと言葉の使い方を導いていってあげることが大切です。

子供は知らない間に雑な言葉をどこからか覚えてきてしまいますから、要注意です。自分の子供は「ありがとう」と「ごめんなさい」の二つの言葉はきちんと言える大人に成長してほしいですよね。